理事長挨拶    >>沿革    >>役員    >>情報公開

ご挨拶/Chairman's Greeting

あらたなスタートに向かって

理事長
前理事長が昭和二十五年に海の星学寮を設立しようとしていた頃の日本はまだ復興の緒に着いたばかりで、「日本独立」が認められた年です。 若者に勉強させてやりたい、明日の日本を担う英才を伸ばす支援をして、良い日本を創る若者を育てたいとの思いで寮を設立しました。

人材育成こそが当寮の大目標であります。教養を身につけた若者に明日の日本を担って貰いたいと考えますが、単なる教養人ではなく「自由の自覚を持って合理的判断をすることができる」若者であって欲しいと願っています。

前理事長の精神を継承して、寮生活については自治会を尊重した運営をして行きたいと思っていますが、寮先輩達のご協力を得て学生生活が一層充実したものになるように努めて行きます。

公益財団法人海の星学寮
理事長 濵中一徳

設立の趣旨/Aim of Foundation

財団法人海の星学寮は、前理事長浜中亦七氏が私財を投じて、昭和25年(1950年)に創立し、次いで昭和27年(1952年)に財団法人海の星学寮として認可を受けた学生寮です。平成25年(2013年)に新法人法に基づき公益財団法人海の星学寮としてなりました。
創立に当たり浜中亦七氏が掲げた綱領、「誠を一貫し、常に譲りて、完全の信仰を養い、完全の人格を修め、完全の勤労を尽くし、完全の貢献を為す」事を目標に、「優秀な資質を有する学徒に、寮を提供して修学を助け、且つ教養の向上を図り、以て社会有為の人材を育成すること」を目的として、京都にある大学に在学する男子学生で、且つ、自宅通学が困難な者の育英、指導、援助を行っています。寮生活が有意義なものであるように、寮長やOBが支援する「海の星プログラム」を実施し、寮生の教育と育成に努めています。また、食事を共にする共同生活が大切だと考え、寮で調理した食事を提供しております。

Uminohoshi Gakuryo (Maris Stella Dormitory) was founded in 1950 as a Men’s Dormitory for university students by Mr. Matashichi Hamanaka on his overall donation. Uminohoshi Gakuryo was allowed to be established as Incorporated Foundation (Chairman, Mr. Matashichi Hamanaka, passed away in 2006) in 1952, and as Public Interest Incorporated Foundation (Chairman, Mr. Ichitoko Hamanaka) in 2013.
At the time of foundation, Mr. Matashichi Hamanaka declared a dormitory platform based on his life aim, “Perfect Sincerity, Perfect Concession, Perfect Faith, Perfect Personality, Perfect Labor, and Perfect Service” and decided to support students’ lives in learning and raising their culture level, that will be effective to cultivate students to talented people who will make remarkable contributions to the global community in the different fields. For this purpose, this dormitory admits men’s students in universities in Kyoto city area and from home in a too long distance to commute. Supporting a fruitful dormitory life, Uminohoshi program is scheduled for education and encouragement by staffs and OB. Since “Eat together” is regarded as very important in the communal life, meals (breakfast and dinner) are served in the dormitory.